トップ > ボディケア(悩み別) > 手荒れ > まずはお試し!うるうるうる〜んハンドクリーム(蛇オイル入り)  1本

まずはお試し!うるうるうる〜んハンドクリーム(蛇オイル入り)  1本

商品コード : 9005618
価格 : 2,400円
ポイント : 24
数量
 

(個人輸入のため消費税は必要ありません)
かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ


     
こんな時におすすめ

 □ 触った感じがカサカサして、表面が白っぽい。

 □ 手を洗ったあと、つっぱった感じがする。

 □ 自然光で手を見たとき、甲などの表面が固く、
   肌色が他の部分より濃い。

 □ 爪のまわりにささくれができる。
  “冬も美人”のお約束
うがい×手洗い×うるうるうる〜ん
 

中国の漢方大辞典である本草綱目によると、
「蛇油は、強力な浸透力をもっていて、
人体の皮膚に塗布することにより、
皮膚細胞の新陳代謝を促進し、
皮膚表面の有害な細菌の生長を抑制し、
皮膚の生理機能をも増強する」 と記載されている

 

冬の中華圏で手に入る昔ながらの化粧品には、蛇油や蛇の胆を使ったものがたくさんあります。
蛇を主成分に使っている。 いうなれば、蛇専門の健康食品会社や化粧品会社が存在するくらい蛇は美容と健康にとってポピュラーなものなのです。
そして、その蛇アイテムは、冬になると余計に目につきやすくなります。焼き栗の屋台が出始めたら「もう冬が近いな〜」と感じてしまうように、蛇オイルアイテムがたくさん出始めたら「もう冬が近いな〜」と感じてしまう、いうなれば、『冬の風物詩』でもあります。

外は寒さが厳しくびゅうびゅう風が吹きまくっている、そして、内には、暖房もない時代から、しっとりを保つために使い継がれてきた蛇オイル。
それを塗ってスグに他の物に触っても大丈夫なようにべたつきをなくし、しっとりするけどさらさらの使用感を実現し、持ち運びに便利な手のひらサイズのチューブに入れたのがこのハンドクリームです。
朝晩のスキンケア時に、自分の手の顔への肌触りがウレシくなるだけでなく、ひとにみられるのもウレシくなります。
感触自慢・肌自慢・見た目自慢ハンドを冬の間もキープしませんか?


 




 

いつ使うの? 手を洗って、水分をしっかり拭き取るたびにお使い下さい。
どれくらい使えるの? 使用頻度によって異なります
使用感 塗った後3分後には紙を触れるぐらいサラサラ
※配合バランスにより『ぬるぬるぬる〜ん』より軽い感触
体感目安 1回目の使用後〜使うたびに「うるうるうる〜ん」

楊先生のオススメポイント


蛇オイルと聞いて、
「え〜っ!蛇オイル?なんか気持ち悪いやん。」
「蛇オイル??それって凄そう!」
その反応は二つに分かれていました。
それが、ぬるぬるぬ〜ん、ぱふぱふぱふ〜んのご紹介後、ファンになってくださる方が激増いたしました!

確かに、採ったばかりの蛇オイルはベタベタしているし、匂いもキツイのですが、
この『うるうるうる〜ん』は蛇のニオイはシマセン。
といいますか、チューブの中にいてるときは、フローラルな香りで、塗り終わる頃にはその香りも気にならない状態になっています。
分子を細かくして精製し、使いやすく作り上げると、
冬のスキンケアには手放せないアイテムになるから不思議?です。

セット内容
うるうるうる〜ん (蛇オイル入りハンドクリーム)1本+幸せの赤いツメミガキ1本
成分
水、パラフィン、グリセリン、セテアリルアルコール、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン酸グリセリル、 ジメチコン、蛇油、トコフェロール、レシチン、アラントイン、ラウリル硫酸ナトリウム、プロピレングリコール、 香料、フェノキシエタノール、エチルヘキシルエーテルグリセリン、メチルパラベン、エチルパラベン、ブロノポール、 ジブチルヒドロキシトルエン
生産国
うるうるうる〜んハンドクリーム(蛇オイル入り):中国
幸せの赤いツメミガキ:フランス
使用方法
水仕事の後や、手を洗った後に、 しっかりと水分を拭き取ってから適量を塗り込んで下さい。
※ 手の甲や手のひらだけでなく、指一本一本や指と指の間も忘れずに!


この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません